fc2ブログ

★ 2021年7月に読んだ本 ★

安藤鶴夫『わが落語鑑賞』(河出文庫)……生前の毀誉褒貶はともあれ、没後は純粋に
 “仕事”だけで評価されるのだと信じます。安鶴は生きていたらば、相当に煙ったい人。
大隅和雄『愚管抄を読む』(講談社学術文庫)……是非とも書き留めておきたく、後述
四代目桂文我『桂文我の落語版「古事記」』(燃焼社)……特別座談会は、非常に
 面白かったんですけどねえ。3人の顔ぶれは変わらないのに、書き記された文章が
 つまらないのは、3人の“声”が死んでいるから。『古事記(伝)』が声の優位を強く
 主張していたのであれば、それと真逆を行くエクリチュールは宜しくないですよ。
 ただし、『古事記』への興味・関心をもり立てるという趣意では、何もしないよりまし。
南日本新聞社編『日本のゴーギャン・田中一村伝』(小学館文庫)……ポップにした
 つもりでしょうが、ゴーギャンではないのよね。本作りは難しいです。「南日本新聞
 連載時~単行本(初版)のタイトル『アダンの画帖 田中一村伝』のままでよいのに。
『第163回=文楽公演 令和3年7・8月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
『文楽床本集 国立文楽劇場 令和3年7・8月』(独立行政法人日本芸術文化振興会)
J=P・マンシェット『眠りなき狙撃者』(河出文庫)
田辺聖子『田辺聖子の古事記』(集英社文庫)
『日本の神話 完全保存版』(宝島社)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN