fc2ブログ

若手素浄瑠璃

3月4日(金)13時から、「国立文楽劇場」小ホールにて、
「若手素浄瑠璃の会」を鑑賞しました。「御所桜堀川夜討
弁慶上使の段は豊竹希太夫鶴澤清公、「壺阪観音
霊験記
」沢市内より山の段は豊竹亘太夫鶴澤清允
(ツレに鶴澤清方)でした。「壺坂観音霊験記」は馴染み
深い演目ですが、「御所桜堀川夜討」は初めて聴くかと
思われます。両太夫はいずれも、豊竹呂太夫に入門して
おり、比較してどうのではないですけれど、現在のぼくの
気分には、亘太夫がしっくりと来るようです。人形が出て
こない素浄瑠璃ですから、詞章そのものに集中させられ、
ここで泣く、ここで笑わせる――など、内心は演出家気取り。
どう考えたっておかしい、非合理な状況の中で(単に時代の
違いのせいでなく、人工的に設えた極度の“劇的状況”)、
どうやって聴き手を引き込んだものやら……ミステリー・
マニアだった人間には“”の埒外、知的な興奮の源です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN