fc2ブログ

芭蕉「月見の献立」

俳聖・松尾芭蕉のこんにゃく好きはつとに知られている。その傍証として、よく引き合いに出されるものに大きく2件あって、ひとつが「こんにゃくのさしみも些(すこ)しうめの花」(2006年9月 「芭蕉こんにゃく」参照)の句。元禄6年(1693)、蕉門十哲のひとり去来と共通の知人の死を悼んで詠んだものとされる。もうひとつが、元禄7年(1694)、中秋の名月の夜、芭蕉が門人らをもてなした際の「月見の献立」である。芭蕉の真筆になる板膳が三重・伊賀市文化財に指定され、「芭蕉翁記念館」に収蔵されているが、そのメニュー内にこんにゃくを確認できる。

正保元年(1644)、伊賀上野の赤坂町に生まれ、元禄7年に没した芭蕉だから、まさに最晩年に当たる。現在もなお古典として力を持ち続ける『奥の細道』の素龍による清書本が成立、江戸の芭蕉庵(第3次)を出立し、伊賀上野に帰郷したのが、この年だった。その秋、門人らの尽力により、故郷に「無名庵」を新たに結んだ芭蕉が、西国巡遊の旅(そして再び帰らない旅)に出る前に、中秋の名月(旧暦8月15日)を愛で、門人らと新居で風雅の宴を張った。

献立表を作ったのも芭蕉自身。主立った内容は「芋の煮しめ。酒。しょうがののっぺい。吸い物には、つかみ豆腐、しめじ、みょうがが入っている。麩、こんにゃく、ごぼう、木くらげ、里芋の煮物。香の物。肴にはにんじんと初椎茸。しぼり汁にすり山のいも。松茸の吸い物。冷めし」となる。要は、こんにゃくの煮物だろうか。単品で煮るのか、またどういった味付けになるのかまでは、さすがに読めないが、近年の料理研究家は様々なアレンジを施し、芭蕉の献立の再現を試みている。中秋の名月は別名「芋名月」というくらいだから、里芋は外せない。また、つかみ豆腐の名が見えるのも興味深い。酒さえなければ、脱俗した精進料理の趣である。

この夜、芭蕉が披露したとされるのが「名月に麓の霧や田のくもり」「名月の花かと見へて綿畠」「こよひ誰吉野の月も十六里」の3句。ちなみに若き日の芭蕉(=松尾宗房)は、半農半士の「無足人」だった。伊賀の藤堂新七郎家に出仕し、俳諧を好んだ嫡男の藤堂良忠と近習役として親しく交わったことは有名だが、その頃の実際の職掌が台所用人とも料理人とも伝える説がある。真偽はともかくとして、青年時代から料理に精通していた芭蕉像をイメージすることで、真筆の「月見の献立」から読み取れるレシピは夢幻の広がりを見せる。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : トーヨー新報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN