抜け雀

前回、触れた「抜け雀」のサゲの件なのだけれど――。主人公の絵描き(ひょろっぴいのちょいびり)が、親の絵師の一枚上手の仕事ぶりに感嘆しつつ、述懐する科白「いや親不孝ではあるまいか。現在 親に籠(駕籠)を描(舁)かせた」がなるほど、わかりにくい。故・米朝師匠曰く、「このサゲは、浄瑠璃『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』」橋本の段の、傾城吾妻のくどき、〽現在、親に駕籠かかせ……をふまえてあるのです」。
       ☆
さらりと「踏まえてある」と言われても、浄瑠璃の教養に乏しいぼく(ら)には即座に呑み込めず。小佐田定雄さんの解説を援用すると、「吾妻という傾城が駕籠に乗ったところ、その駕籠を担いでいたのが幼いころに生き別れた実の父だったことがわかって、吾妻が『いかに知らぬと云ふとても、現在親に駕籠かかせ乗った私に神様や仏様が罰当てて』と嘆くわけである」そうだ。
       ☆
浄瑠璃の元ネタを知らずとも、「現在親に駕籠かかせた」で、我が身の不幸と親不孝とを重ね合わせて、後は聴衆の想像力に委ねるか? その場でわからなくても、疑問があれば、聴衆が自分で調べればよいという姿勢……。あるいは、東京落語のように、マクラで“駕籠かき”を最下級の職業などと設定した上で、サゲの「親を駕籠かきにした」と半ば強引な理詰めに落とし込んでしまうのか?
桂雀喜さんの「抜け雀」は、上方落語の伝統に則って演じていた訳なのだなぁ。

参考文献:上方落語 『桂米朝コレクション7 芸道百般』(ちくま文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

tag : 落語

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示