Chao Sai Gon

前週末(1月22日)、ランチに利用したフレンチ・ベトナム料理のお店は
「APAホテル 大阪肥後橋駅前店」30階に位置する「チャオ サイゴン」。
30階だけあって、見晴らしが良いので、夜は素敵かと思われ……
当日は40年ぶりの大寒波の直前とあって、テラス席に出るのはご遠慮。
以前にあったとかいうハーフ・バイキングには未練も無いし、
ぼくはベトナム定食、相方はランチAコースをオーダー。
プラス、各自でベトナムワイン飲み比べセット、ベトナム焼酎飲み比べセット。
定番の生春巻き、牛肉のフォーも美味しかったけど、ベトナム焼酎が最高。
       ☆
いずれの飲み比べセットも3個のグラスが供された訳だけど、
焼酎はネプモイ(NEP MOI)、ルアモイ(LUA MOI)、ネプカム(NEP CAM)の3種。
順番にアルコール度数は、39.5°、45°、29.5°だった。
ネプカムは赤っぽい色味や甘味が(醸造酒ではあるけど)紹興酒のよう。
ルアモイは度数は割ときつめなのに、甘ったるくて、懐かしい風味。
ネプモイは黄色もち米に、シナモン等の加わった麹で作られたウオツカらしく、
ナッツを髣髴とさせるフレイバーが恋しくて、グラスでお代わりしてしまったよ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示