惑乱、私の妹、百頭女。

2015年9月25日(金)、京都市美術館に「ルーヴル美術館展」と併せて、
マグリット展」も観に行ったのね。
(マグリットと比べて、テーマの絞りにくいルーヴルに客の群がっていたのが意外)
その時、南雄介、福満葉子『もっと知りたいマグリット 生涯と作品』を一読。
元々、美術書大好きだった子供時代の記憶が蘇り、
巖谷國士『シュルレアリスムとは何か』を読み耽り、
アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』を巖谷國士・訳で読み直し。
その流れで手を出したマックス・エルンスト『百頭女』も1月27日に読了(?)。
「読む」という概念と、これほど懸け離れた行為を強いられる書物も珍しいけど。
       ☆
巖谷が執念く説いていることになるけれど、
シュルレアリスム」は「シュル(sur)」+「レアリスム(realsime)」でなく、
渾然一体となった概念であるということ。
※そこから「シュール・リアリズム」のような「中黒(・)」入りの誤訳への痛罵も極まる。
超現実は「現実」の向こうにある何か(非現実)でなく、
現実そのものが超現実である、という透徹した視座を発見するものだから。
ぼくらは視覚映像に形(Gestalt)を与えることから始まり、
世界で起こる事象に物語を与え、意味を与えることに安住し、退屈すら覚える。
反して、ありきたりの図像と言葉とのコラージュから成る『百頭女』は、
いかような意味からも身を擦り抜けていくから、未来永劫、魅惑的であり、悩ましい。

参考文献:南雄介、福満葉子『もっと知りたいマグリット 生涯と作品』(東京美術)
      巖谷國士『シュルレアリスムとは何か』(ちくま学芸文庫)
      アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』(岩波文庫)
      マックス・エルンスト『百頭女』(河出文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示