露天神社由緒略記

露天神社略記露天神社」について、通称「お初天神」の由来は、おぼろげに知っている人の数も少なくない。近松門左衛門の人形浄瑠璃『曽根崎心中』のヒロイン、“お初”から採ったということになります。堂島新地「天満屋」の遊女、お初と内本町「平野屋」の手代、徳兵衛の悲恋物語。現在の大阪・梅田の北新地を中心に、彼らの道行きルートを辿ることも可能ですが、二人は同社の敷地内であった“天神の森”で最期を迎えます(昔の有名寺社の敷地は広大なもので、現代はその跡地が駐車場や●●●に様変わりしているケースが多いですねぇ)。

閑話休題。本題に戻ります。「露天神社」は「露天(つゆてん)/神社(じんじゃ)」でなく、「露(つゆ)/天神社(てんじんしゃ)」と読みます、区切ります。生粋の大阪人、年配の方でも、たまに間違えている方が見受けられます。天神さん、すなわち菅原道真公と縁のあるお社ですから。大阪各所に在る菅公ゆかりの寺社同様に、露天神社の境内でもが祀られていますよ。史実に当たるより先に、境内の説明板「露天神社由緒略記」に目を通してみますと――。

後 菅原道真公 筑紫に謫遷の途次 此地を過ぎ 路上 露深かりければ
   露と散る涙に袖は朽ちにけり
        都のことを思出づれば

と詠歌ありしに因み 露天神社と称せらる


無論、「昌泰の変」、菅公が大宰府に左遷されたのが昌泰4年(901)。露天神社の創建が、少なくとも嘉祥3年(850)まで遡れるというならば、菅公の歌以前の名称は?との疑問も湧きますし、また、境内に存する神泉「露の井戸」を引き合いに出されることもあるなど、諸説定まらずといった観。ただ、事実はどうあれ、「露天神社」というネーミングを決定付け、(かつての大坂庶民の間で)人口に膾炙するようになったのは、天神さん人気あってのことは確かかなぁ、と。

参考文献:近松門左衛門『曽根崎心中・冥途の飛脚 他五篇』(岩波文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示