「いちょう並木 No.398」(その2)

いちょう並木_本文 さて、「いちょう並木」2月号の気になる連載。
 本文ページをめくってみましょう。
 いきなり、表紙ページの次、P.3 から
 『豆腐百珍』の紹介が始まります。
 見出しで「高津のあんかけ豆腐ふたたび 
 尋常品から絶品までの六段階
」と謳う。
 当ブログの奇特な読者ならば、ご存じの名著?!
 江戸時代にベストセラーとなった豆腐料理本
 だが、橋爪節也教授は、まず出版元に着目。

江戸時代のグルメと言えば、食通であった作家、池波正太郎を思い出し、『豆腐百珍』も江戸での出版かと思われるかも知れない。(中略)しかし、『豆腐百珍』はれっきとした上方の本、それも食い倒れの大坂で出版された。板元は大坂高麗橋壱丁目の書肆、春星堂こと藤屋善七。著者の「浪華 醒狂道人 何必醇」は、大坂で活躍した篆刻家の曽谷学川(1738~1797、墓所は天王寺区天然寺)とされる。

個人的に、“橋マニア”でもあるぼくとしては、「高麗橋」にも反応しますし、
篆刻家・曽谷 学川(がくせん)の素性にも、気を惹かれるところです。
その辺りは、いずれ追々調べていくとしまして、
橋爪先生の『豆腐百珍』紹介は、「尋常品」「通品」「佳品」「奇品」「妙品」「絶品
――基本となる6段階のランク付けを手堅く解説しています。
その後、本丸となる「高津湯とうふ」を取り上げる流れで、
1ページの中に盛りだくさんのネタを盛り込んで、相変わらず読ませます。
高津」は大阪の地名で、現在の大阪市中央区に位置しますが、
上方落語でいえば、「高津の富」の舞台となる場所ですね。

参考文献:「いちょう並木 2016 2月 No.398」(大阪市教育委員会)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : トーヨー新報
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 豆腐 落語

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示