露天神社の由来(2)

露の井露天神社」の社名には、また別の由来がある。
境内に存する“浪速七名井”にも数えられた
神泉 露の井戸」 に因むものである。
梅雨(⇒露)の時期になると水が湧き出たとか。
この井戸には、小体な社も設えられていて、
井水そのものが神として祀られている状態。
御井社」と称され、「古くより露ノ井と称され、
人々の暮らしを支え信仰の対象でもありし
この御井に坐す神
」と、明記されている。
もう少しだけ、説明板を読み進めてみる。

社殿直下の御井は、往時四天王寺の亀の井・清水寺の井・二つ井戸等と共に「浪速七名井」の一つなりと称され、梅雨時期には清水が井戸縁より湧出せし、という。
名井「露ノ井」として当社社名の由来の一つともいわれ、周辺地域を始め、社地前旧池田街道を行き通う人々の貴重な清水であった。
現在では、地下鉄各線や高層ビル群の建設等により、地下水脈が分断され 水位が著しく低下している。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示