fc2ブログ

「船入橋」各種

「實地踏測大阪市街全圖」明治44年(1911)


船入橋」は本来、固有名詞でなく、一般名詞と思われますが、
大阪・中之島周辺では、『心中天網島』で注目されたこともあり、
鍋島藩・蔵屋敷に架かっていた船入橋が突出して記憶されがち。
とはいえ、それだけではないですよ、と示したかったのが、上記の
實地踏測大阪市街全圖」。明治44年(1911)に成っています。
蔵屋敷に設けられた“御船入(入堀)”に架けられた橋が、船入橋
ですから、或る程度の大藩であれば所有していたものと思われ。
明治維新後、蔵屋敷自体は接収されましたが、明治末期でも、
船入橋は結構残っていたようで、地図上の「田簑(蓑)橋」東側に
鳥取橋」、「玉江橋」西側に「高松橋」、「徳島橋」、「熊本橋
等の名を確かめることが出来ます。入堀と言いますか、堂島川と
土佐堀川のショートカット=中之島掘割 に架かる「中島橋」と
「秋月橋」は(どちらも藩名に由来しますが)意味合いが違うかな。

参考記事:国際日本文化研究センター
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 地図

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN