fc2ブログ

ほんまもんの天神祭

岡本一平手塚治虫『陽だまりの樹』などを読みながら、
7月9日(日)13時30分から、「大阪市立住まい情報センター
3階ホールで「高島幸次さんに聞く ほんまもんの天神祭」を
聴講しました。いつもどおり、「くらしの今昔館」の入った8階に
上がってしまい、また、エレベーターで3階に降りる仕儀となり。
テーマは「天神祭の時空 大阪人のおもてなし 対話を誘発する
仕掛け」と仰々しいですが、15時30分まで時間いっぱい、ぼやき
漫才師めいた軽妙なトークで、「大阪天満宮」と「天神祭」の
基礎知識をきっちりと詰め込んでもらいました。祭りの三重構造
神事神賑行事観光行事)で言えば、観光行事としてのみ
参加してきた「天神祭」に対して、今年は神賑行事の側面に
着目してみようという気になります。祭神と、渡御の際、鳳神輿
/玉神輿、御鳳輦(明治時代以降)に誰が乗るか?という移り
変わりは勉強になりました。法性坊尊意(866~940)は『菅原
伝授手習鑑』
にも登場します。満足して、3階ホールを出れば、
北区ガイドボランティアのメンバーが多数集結しており、大笑い。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 講座漫画年中行事

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN