fc2ブログ

御迎人形

入稿を終えた日の午後、相方と連れ立って、「大阪くらしの今昔館」を訪れました。
常設展の第1展示室(9F)で上映されている“風呂屋シアター”の映像が「人間国宝
桂米朝・桂米團治父子と行く、江戸時代の大坂
」に差し替えられたのは、
いつの頃だったでしょうか。昔は紙芝居風のアニメ(?!)でしたよね。町会所の陰に
隠れていた御迎え人形酒田公時」を確認すべく、8Fへ下りる前、「なにわ町家の
歳時記
」をもう一度……幔幕に隠されているように飾られていたので、油断していると、
見落としてしまいますよ。8Fの第2展示室「モダン大阪パノラマ遊覧」(からくり
錦絵のオッペケペー節がお気に入り)を一巡してから、企画展示室での「天神祭と
都市の彩り
」を鑑賞。御迎え人形の撮影会場と言っても、過言ではないでしょう。
入って正面に「羽柴秀吉」、右手に回って「八幡太郎義家」、「鬼若丸」(左下画像)、
木津勘助」の3体が展示されていました。「恵比須」は頭部のみ。“御迎え人形
スタンプラリー
”については、「大阪くらしの今昔館」だけで計5体分のスタンプを入手。
       ☆
2023_07_14_鬼若丸 現存する “御迎(え)人形” は16体といわれています。
 「雀踊」と「豆蔵」が大阪府有形民俗文化財に指定
 されたのは平成23年(2011)1月14日。文化財故、
 船渡御の際、御迎え人形が船に乗れなくなったのは
 皮肉なことですが、毎年、「天神祭」の頃になると、
 「大阪天満宮」など数か所で、複数体の御迎え人形が
 飾られるといった次第。ただ、高島幸次先生が、簡単に
 コンプリートは出来ないよと笑っていたように、公開される
 人形の数は限られていますし、組み合わせによっては、
 何年掛かることやら。台紙の空欄も数えてみると、16個
 ではなく、15個です……「豆蔵」のスペースが設けられて
 いませんねえ。とりあえず、今年は計11体が飾られる
 そうですから、残り6体を押さえていきましょう。スタンプ
 設置場所は「大阪天満宮」(7月23~25日)、「OAP」、
 「帝国ホテル 大阪」、「花外楼」北浜本店となります。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 年中行事美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN