fc2ブログ

聖地 南山城

夕方から出勤とはいえ、シフトを空けた日中が勿体なくて、
JR天満駅を11時54分発の大和路快速に乗り込みました。
大正駅の辺りで「木津川橋梁」等を渡っており、車窓から
大浪橋」も確かめています。JR奈良駅「みどりの窓口」
では、「西日本『懐鉄(なつてつ)』入場券」(まほろば)を
入手。駅スタンプも押すと、奈良公園へ歩き出しました。
登大路地下歩道」を潜って、「奈良国立博物館」まで。
ぼくが歩き続ける限り、雨は降り出しません。Never...
       ☆
2023_08_24_「聖地 南山城」 「浄瑠璃寺」九体阿弥陀修理完成記念
 特別展となる「聖地 南山城」を鑑賞
 するのです。京都府の最南部は、京都
 (府)に違いはありませんが、交通の便
 から言って、何とももどかしい地域で、
 奈良(市)のすぐ北でありながら、いざ、
 足を運ぶとなると、あちらこちらに点在
 する名刹を回るのには、随分と苦労
 させられます。「浄瑠璃寺」以外で、
寿宝寺」や「観音寺」には昔、詣でたことがありますが、他はなかなか。九体阿弥陀は
その1と8の2体のみの出張でして、焦点が定まらず、後半は(出勤時刻も気に掛かり)
駆け足気味になったことが悔やまれます。特別展「聖地 南山城 ―奈良と京都を結ぶ
祈りの至宝―」に合わせたツアー(~9月3日)も組まれていたと知りますが、今更の
日程調整は厳しい。ポスト・カードは5枚のみ入手――「薬師如来坐像」(薬師寺)/
「阿弥陀如来坐像」(蟹満寺)、「十一面観音立像」(禅定寺)、「文殊菩薩騎獅像」
(大智寺)、「牛頭天王立像」(朱智神社)、「阿弥陀如来坐像 その1」(浄瑠璃寺)。
もう少し、ゆっくりしたかったな……「なら仏像館」を回る頃には、いつもそういう心持ち。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN