fc2ブログ

忍法「肉豆腐」

身も蓋もない言い方をしますと、ぼくは司馬遼太郎よりも
山田風太郎が好きです。遼太郎を手に取る時、頭の
どこかに “教養”だとか、“お勉強”だとかいった意識が
付きまとうのですが、風太郎だと、げらげら笑いながら、
ひたすらに読むことが快楽となります。適当に選んで
読み始めた『外道忍法帖』で、「豆腐」の名を冠した
忍法に出喰わしたので、以下に記録しておきましょう。
同作は風太郎忍法帖の第6作。由井正雪配下の甲賀
忍者の1人、弟子丸銅斎が甲賀忍法「肉豆腐」の使い手。
       ☆
 その刀身は閃光のごとく銅斎の胸をつき刺した。鍔(つば)もとまでつらぬいた手応えが、まるで流動体のように柔かいのに、騎西半太夫がよろめいたとき、銅斎の両腕はそれを待っていたように半太夫の頸にかかっていた。
「鉄砲の弾さえ役にたたぬ甲賀忍法肉豆腐をよく見なんだのか。うぬが伊豆組のひょろひょろ忍者であることは先刻承知、男に化けたこの女通辞から法王の鈴を奪ったら、うぬも始末して立ち去ろうと思っていたのだ」
 と、銅斎は笑いながら、半太夫を締めつけた。
「おれは張孔堂組の弟子丸
(でしまる)銅斎、教えてやってももう遅いが」
       ☆
張孔堂」は、由井正雪(1605?~1651)の開いた軍学塾。
謎に包まれた正雪の出自の由来は、『くノ一忍法帖』を読め(嘘)
       ☆
 役人たちが恐怖の眼をむいたのは、当然だ。忍法「肉豆腐」――実に弟子丸銅斎は、全身の皮膚、筋肉、内臓、骨の組織を一瞬に膠質(こうしつ)に変じて、刀瘡(とうそう)のあともとどめぬ忍法者なのであった。

参考文献:山田風太郎『外道忍法帖』(河出文庫)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説豆腐

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN