fc2ブログ

尻無川南岸直通路

木津川橋梁」と合わせて、“双子の
2023_09_12_尻無川南岸直通路・開通記念碑
2023_09_12_尻無川南岸直通路

鉄橋”と呼ばれる「岩崎運河橋梁」の
南東側に、至って普通の架道橋が設置
されていると見た訳ですけれど、潜って
西側から確認したところ、随分仰々しい
碑銘が嵌め込まれているので、気が
引き締まりました。架道橋ではなく(?!)
尻無川南岸直通路」(大阪市大正区
三軒家西1丁目6)の「開通記念碑」と
発起人」(左側の横型)が残されて
いるのです。昭和3年(1928)、「臨港
鉄道
」=大阪臨港線(現・JR の貨物
支線)の敷設によって、東西の人馬の
交通の便が失われてしまったため、
付近住民が尻無川南岸直通路期成
同盟会
を組織。“大阪の貸家王大井
伊助
(1864~1938)が工事費を全額
寄付して、完成まで漕ぎ付けました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN