fc2ブログ

夕霧そば

2023_10_31_夕霧そば「瓢亭」 来週6日(月)に予定されている「大阪区民カレッジ」北校
 まち歩き「天満寺町を歩く」の下見を有志と行いました。
 当日に合わせて、南森町を13時にスタート。東端の
 「専念寺」からではなく、「寳珠院」から西進しています。
 菅原山「天満寺 寳珠院」では、御朱印も頂きましたよ。
 旧「天満堀川」跡を越え、天満西寺町に入ると、寺町通り
 から北に外れ、「龍神大神」~「太融寺」を回った後、
 南下して、「露天神社」で締め。意外に、時間配分は問題
 無さげ。地味なように見えて、面白いtips は多々有り。
 どう、参加者に伝えたものかしら? 15時で一旦散会後、
 夕霧そば「瓢亭」に入店。名物の“夕霧そば”は、近松
 門左衛門を書き換えた『廓文章』吉田屋の夕霧太夫に
 因んだネーミング。「露天神社」の東門を出てすぐの立地
 ですから「お初そば」は当然、『八重霞浪花浜荻』
 「かしくそば」もメニューに載っています。「夕霧そば」は
昔、頂きましたかねえ。今回は「法清寺」も訪ねたことですし、「かしくそば」を所望。
       ☆
ガイドのシナリオを作り込む必要は感じていなかったのですが、歴史探偵の脳細胞を
刺激してやまない小ネタがざっくざく。相方と「大阪天神橋カレー」(大阪市北区天神橋
5-7−8)で夕飯を頂きながら、クール・ダウンを図ります。今週末も過密スケジュール。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 史跡文楽蕎麦カレー

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN