fc2ブログ

★ 2023年10月に読んだ本 ★

山田風太郎『忍法関ヶ原』(講談社文庫)……表題作の他、「忍法天草灘」、「忍法
 甲州路」、「忍法小塚ッ原」、「忍法聖千姫」、「忍法ガラシヤの柩」「忍法幻羅吊り」、
 「忍法瞳録」、「忍法死のうは一定」と、計9編を収録。これだけ愉快なのに、しばらく
 経つと、全体はしっかりと思い出せなくなっている不思議。また、手を伸ばす、と。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 18』(デアゴスティーニ・
 ジャパン)……JACKIE MCLEAN は、いかにもジャズですね。悪くはないんですよ。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 19』(デアゴスティーニ・
 ジャパン)……JIMMIE SMITH は、割と聴いてきた部類。手元に『RESPECT』
 (1967)、『Talkin' Verve:Roots of Acid Jazz』(1996)のCDが残っていました。
小林一三『逸翁自叙伝』(阪急電鉄)……副題に「青春そして阪急を語る」。講談社
 学術文庫版とどう異なるのか、気になっているので、後日、読む比べてみます。
田辺青蛙『大阪怪談』(竹書房)……「au PAY マーケット」で買い物していたつもりが、
 誤って「au ブックパス」で電子書籍版を購入。フラットな文章で読み易かったから良し。
田辺青蛙『大阪怪談 人斬り』(竹書房)……流れで、「au ブックパス」を再び利用。
 青蛙が女性で、夫が円城塔と知り、今更驚いています(どちらも読んできただけに)。
星新一『明治の人物誌』(新潮文庫)
 ……星新一は高校生くらいに読んだきり。もう読むことはないだろうと漠然と思って
 いたところ、まさかの再会。取り上げられた人物の選択にも唸らされ、特に 岩下清周
 と杉山茂丸(彼の長男が夢野久作)には瞠目。読むべき本のリストが無限に広がり。
遠藤周作『白い人・黄色い人』(新潮文庫)
 ……10月の「二人の読書会」のテクスト。山田風太郎の切支丹物の方が、ぼくの
 性分です。昔から敬遠してきた作家ですが、この際ですから、代表作は押さえます。
『週刊 日本の神社 No.68』(デアゴスティーニ・ジャパン)
 ……生國魂神社大阪天満宮今宮戎神社の3社を取り上げていました。
遠藤周作『海と毒薬』(角川文庫)……昭和20年(1945)の「相川事件」が元ネタ。
遠藤周作『沈黙』(新潮文庫)
 ……クリストヴァン・フェレイラ(=沢野忠庵)は非常に興味深い人物ですけれども、
 やはり、風太郎の描き方の方に理があります。棄教するならば、自殺も可能ですし。
 ユダをキリストは赦したのか否か?という問題とは別に、好きでそれを選んだ、と。
 サディズムをどこまで理解しているか?という別次元の問題軸を据えた上での議論。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 20』(デアゴスティーニ・
 ジャパン)
……FREDDIE HUBBARD は耳に馴染みます。CDスタンドもゲットしました。
編者=生きた建築ミュージアム大阪実行委員会
 『生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2023 公式ガイドブック』(生きた建築
 ミュージアム大阪実行委員会)
……英語名称が「OPEN HOUSE OSAKA 2023」。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN