fc2ブログ

梅川忠兵衛

近松門左衛門300回忌を記念して、「11月文楽公演2022_10_30_梅川忠兵衛ゆかりの淡路町
第3部では、「冥途の飛脚淡路町の段/封印切の段/
道行相合かご――と上演されています。4月公演では、
曽根崎心中」が取り上げられていましたけれど。
宝永6年(1709)頃に起きた亀屋忠兵衛(飛脚問屋)の
横領事件を基に、大坂竹本座で正徳元年(1711)7月
以前に初演といわれています。もしかすると、改作の
『傾城恋飛脚』『恋飛脚大和往来』の方が知られて
いるかもしれません。淡路町の段は竹本織太夫と鶴澤
燕三。忠兵衛は桐竹勘十郎、梅川は吉田勘彌が遣って
いました。また、豊松清之助が太鼓持五兵衛で出遣い。
右の画像は、昨年の「イケフェス」で船場を歩いた際に
撮影した「梅川忠兵衛ゆかりの淡路町」の石碑です。
向かって右側面に「四代目 竹本津大夫 謹書」、左に
五代目 吉野屋嘉助 建之」と刻まれています。四代目・
津大夫(1916~1987)の揮毫で、押し寿司の発祥を謳う「吉野鯗(寿司)」(大阪市
中央区淡路町3-4-14)の5代目店主(昭和初期?!)が建ててくれたようですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN