fc2ブログ

北条鱗

古墳の装飾などにも見られる三角形が連続した文様が北条鱗
鱗文」。魚や蛇、龍の鱗に見立てられての名称です。
人形浄瑠璃文楽でも、蛇体を本性とする役割の女性が
身に着けている衣装の図柄とされています。正三角形が
3個並べば、「三つ鱗」。中崎町の「白龍大神」の祠に
立っていた幟にも、「三つ鱗」が染め抜かれていました
巳さんだから)。その「三つ鱗」を上下に圧縮したような
紋が「北条鱗」(右画像)です。鎌倉幕府の執権、北条
時政が「江の島弁財天(=江島神社)」に参籠した折、
満願の夜、赤袴を着けた女房が現れ、時政に北条家の
繁栄を告げると、大蛇になって消失。後に3枚の鱗が残されていたことが、鎌倉北条氏の
家紋の由来だとか。宇賀神と集合し、同一視された弁財天は、“蛇”との親和性が高し。

参考文献:インデックス編集部・家紋と歴史研究会 編 『家紋から武家社会の歴史をさぐる』(ごま書房新社)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 文楽地図史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN