fc2ブログ

★ 2023年12月に読んだ本 ★

師走なだけあって、ちゃんとした本が読めていません。
ムック本だったり、リーフレットだったり……まぁ、それは
言い訳であって、隙間時間があれば、じわじわと読み進め。
ぼくには、それしか出来ない。能無しだから、仕方ないよ。
       ☆
『第27回 特別企画公演 壬生狂言』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会 国立文楽劇場)

山田風太郎『甲賀忍法帖』(角川文庫)
夢野久作『近世快人伝』(文藝春秋)
さかもとけんいち『浪華の古本屋 ぎっこんばったん』(SIC)
『展示の見所3 「大大阪」の街角 公設市場』(大阪歴史博物館)
『昭和の不思議101』(大洋図書)……「ミリオンムック53」はカストリ雑誌風。猥雑な
 広告が満載で、途中で放り出しそうになるけれど、藤木TDCが気を吐いていた。
 サブ・タイトルに「2023-24年 冬の男祭り号」とあり、全体を通して昭和エレジー。
三遊亭円丈『師匠、御乱心!』(小学館文庫)
『第172回=文楽公演 令和5年11月 国立文楽劇場』
 (独立行政法人日本芸術文化振興会)
オー・ヘンリー 『O. Henry's American Scenes』(アイビーシーパブリッシング)
 ……12月の「二人の読書会」テクスト。中学生の英語の副読本かなぁ。
 「The Gift of the Magi」、「The Last Leaf」、「The Cop and the Anthem」、
 「A Retrieved Reformation」、「After Twenty Years」、「Transients
 in Arcadia」、「The Green Door」の7編を収録。ただ、ひたすらに懐かしかった。
編集・大阪市史編纂所『大阪の歴史 第95号』(大阪市史料調査会)
 ……12月15日、大阪府和泉市に出掛けた帰り、「大阪市史編纂所」に立ち寄り、
 他のバックナンバーとともに買い求めたのでしたか。手元に置いてあれば、まず安心。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 22』
 (デアゴスティーニ・ジャパン)……BOBBY HUTCHERSON を聴く。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 23』
 (デアゴスティーニ・ジャパン)……CLIFFORD BROWN(享年25歳)を聴く。
『信太の森霊験記 葛の葉姫』(信太森葛葉稲荷神社)
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 24』
 (デアゴスティーニ・ジャパン)……THE THREE SOUNDS を聴く……けれども、昔の
 ぼくがジャズを毛嫌いしていたのは、この辺りの温い音作りが苦手だったせい。
『元禄期 軽口本集 ―近世笑話集(上)―』(岩波文庫)
 ……『化政期 落語本集 ―近世笑話集(下)―』を読んでいて、同じように「天牛書店
 天神橋店で、上・中巻を入手(12月22日)したのも縁でしょう。『当世手打笑』、『当世
 はなしの本』、『かの子ばなし』、『軽口御前男』、『露休置土産』を収録。江戸落語の
 (源流となる)鹿野武左衛門より、米沢彦八露の五郎兵衛がやっぱり馴染む。
『隔週刊 ブルーノート・ベスト・ジャズコレクション 高音質版 25』
 (デアゴスティーニ・ジャパン)……CURTIS FULLER を聴く。2021年5月8日に没。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN