fc2ブログ

堀川監獄の時代

大阪刑務所」の前身である「堀川監獄」について、
『大阪刑務所創立100周年記念史誌』の回顧編から
ポイントとなる個所を抜粋しましょう。所収の図版「大阪府
監獄改築之圖
」(明治25年)が縮小されていたのは残念。
正式名称としての「堀川監獄」は2期あって、前期の分署
時代が明治19年(1886)~明治23年(1890)、後期の
2監獄制時代が明治36年(1903)~大正2年(1913)と
なります。実質上は、若松町監獄署が移転合併した明治
21年(1888)からとはいえ、天満堀川に「大阪監獄」が
正式名称として存在していたのは、明治36年(1903)~
大正9年(1920)の17年間。長かったのか、短かったのか
……「堀川監獄」より「大阪監獄」時代の方が若干長くて、
意外ではありますが、名称の変遷が煩わしくもあるから、
多くの人は通称「堀川監獄」で済ませていたのだろうなあ。

参考文献:『大阪刑務所創立100周年記念史誌』(大阪刑務所)
       ☆
慶応4年(1868)8月高原溜(元寄場)を高原徒刑場(大阪市南区西賑町)と改称。
明治2年(1869)1月聚楽町徒刑場(大阪市東区粉川町)を新設。
明治4年(1871)6月聚楽町徒刑場を廃止。
明治6年(1873)3月高原徒刑場を懲役場と改称。
 4月大阪裁判所構内(大阪市北区中之島1丁目)に監倉を新設。
明治7年(1874)7月懲役場を旧佐賀藩邸跡(大阪市北区若松町)に移転。
明治13年(1880)4月懲役場を既決監獄署と改称。
 同月監倉を未決監獄分署と改称。
 同月松屋町囚獄場(大阪市東区糸屋町2丁目)を未決監獄署
 と改称。
明治14年(1881)1月既決監獄署付属避病院を長柄村避病院敷地内に新設。
 2月既決監獄署を大阪府監獄本署と改称。
 同月未決監獄署を松屋町監獄分署、未決監獄分署を中之島
 監獄分署と、それぞれ改称。
 10月堺県に監獄署(堺市車之町2丁目)を新築し、大阪府に
 引継ぎ、堺監獄分署と改称。
明治15年(1882)12月大阪府西成郡北野、川崎両村地内に、敷地6万余坪で
監獄を新設し、大阪府知事告示第216号により
堀川監獄分署と呼称。
明治18年(1885)8月堀川監獄分署を大阪府監獄堀川分署、中之島監獄
分署を大阪府監獄中之島分署、堺監獄分署を大阪府
監獄堺分署と、それぞれ改称。
 12月松屋町監獄分署を大阪府監獄堀川分署に移転合併。
明治19年(1886)8月府県監獄中、本分署の名称を廃し、単に某地監獄と
称することとなり、大阪府監獄本署を若松町監獄に、
大阪府監獄堀川分署を堀川監獄、大阪府監獄中之島
分署を中之島監獄と、それぞれ改称。
明治20年(1887)4月この年から5か年計画で堀川監獄改築に着工、
明治20年は囚徒を毎日1,200人動員。堺監獄分署
跡の地所に煉瓦製造所を設ける。当該地は堀川監獄
と遠隔地であるが、土質煉瓦に適し、かつ、燃料廉価、
製品は品質堅硬極めて塀材に適当であった。
(明治25年3月竣工)、214煉、建坪7844坪2合5勺
 7月中之島監獄を堀川監獄に移転合併。
明治21年(1888)1月若松町監獄(大阪市北区天神橋筋西1丁目)を堀川
監獄に移転合併。
明治23年(1890)10月堀川監獄を大阪府監獄署、堺監獄を大阪府堺監獄支署、
とそれぞれ改称。
明治24年(1891)3月大阪府監獄署、工場改築工事完成。
明治25年(1892)3月5か年計画による大阪府監獄署増改築工事完成
明治36年(1903)3月監獄官制改正(勅令第35号)により各府県監獄署のすべてを
司法省の直轄所属とし、大阪監獄等57監獄の名称(集治監
及び府県監獄署は、単に監獄と改める。)及び位置を定める。
監獄職員は官制の定める典獄57人、看守長772人、技手
23人等のほか司法省令による監獄医206人、教誨師180人、
教師30人、薬剤師52人、看守8,455人、女監取締425人
となる。
 同月堺監獄支署を大阪府監獄堺分監と改称。
 4月大阪府監獄署を二分し、隣地を隣合わせて大阪監獄
及び堀川監獄の2監獄をおく。
明治39年(1906)11月堀川監獄は女懲治人の収容場に指定せられ、神戸、
奈良、京都、膳所、和歌山の各監獄の女懲治人を
集禁する。
大阪市は議会決議で内務大臣あてに大阪、堀川
両監獄移転の建議書を提出。
大正2年(1913)5月堀川監獄を大阪監獄堀川分監と改称。
現大阪拘置所の前身
大正7年(1918)3月大阪監獄堀川分監を若松町に移転し、大阪監獄若松
分監と改称(告示第12号)
大正8年(1919)1月労役場を小菅、豊多摩、巣鴨、三池を除く全国の
監獄に付設する。
大正9年(1920)3月大阪監獄岸和田出張所を新設、事務を開始する。
 6月大阪監獄を堺市に移転(勅令第179号)工事本格化
大正11年(1922)10月同改正(監獄官制の全面改正)に伴い大阪監獄を大阪
刑務所、堺支署を堺刑務支所、若松町分監を北区
刑務支所とそれぞれ改称。
 同月岸和田出張所を廃止。
昭和3年(1928)3月大阪刑務所が新築落成。
大正7年から10年間継続事業として施行されたもので、
当時、文明の限りを尽し、刑務所としては最新最大、
世界屈指と評価される。収容定員3,155名。4階建舎房
エレベータ付。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 近代建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN