fc2ブログ

魯山人観音

東光院 萩の寺」については、他にも「北向延命地蔵尊2023_12_29_魯山人観音
等、いずれ触れなければならない仏像が複数存するので
ありますが、今回紹介するのは「魯山人観音」なのです。
山門(薬医門)を入ってすぐ左手、手水鉢に目を遣ると、
何とも艶めかしく、坐しておられました。北大路魯山人
1883~1959)が顧問兼料理長を務めた会員制高級料亭
星岡茶寮」が東京都・永田町に開かれたのは大正14年
(1925)。大阪店(=大阪星岡茶寮)は昭和10年(1935)
10月10日、阪急・曽根駅前に新設。隣接した「萩の寺」に
魯山人が自ら制作した白衣観音像を奉納しており、平成
17年(2005)の「愛・地球博」を記念し、白衣観音像を
等身大(?!)に模刻したのが「魯山人観音」とされています。
萩の花が咲き誇る境内の萩苑を「萩露園」と名付けたのも
魯山人。志方勢七より、小林一三が魯山人を呼び込んだ
のでは? と軽く考えていたらば、逸翁も魯山人もキャラが
濃いため、互いに批判し合うことがあったらしく、なかなか。

参考記事:仏日山吉祥林 東光院 萩の寺 ― 集う人々 魯山人観音
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN