fc2ブログ

天外者

ふるさと納税の返礼品、「杵つき ゆざの餅」(でわのもち)
最後の1袋分をホット・プレートで焼きながら、あっと言う間に
食べ終えてしまったなあ……先週末の講座で作品名が出た
田中光敏・監督『天外者』(2020)では、坂本龍馬らが常に
牛鍋を突ついています。三浦春馬(1990~2020)の最後の
主演作となり、五代友厚を演じていました。舞台上で観たら、
また、印象は違うのでしょうが、映画のセットとして見た場合、
チープ感が観客を選びそうです。役者陣は熱演で、好感度大
(岩崎弥太郎・役の西川貴教に終始笑いを堪え切れないけど、
憎めない奴)。ただ、ストーリーの都合上、五代を美化し過ぎ。
少年時代に世界地図から地球儀を作ったのは、才助の兄の
徳夫だろうし(映画では悪役扱い)、遊女・はるが薩英戦争で
捕虜となった五代を解放できたというのも、酷いご都合主義。
大体、はるとの絡みでほぼ半分の尺を使い、バランスが悪い。
五代の妻・豊子の立場は?と、気の毒に感じてしまいました。
クライマックスの「大阪商法会議(所)」は当然、重要な場面の
はずですけれども、変な鹿児島弁(薩摩弁?!)で、生地である
自惚れ丸出しで、リーダー発言の無理強い。「夢のある未来」と
おらばれるだけでは、どんな夢だか伝わらず。大阪商人が到底
納得するとは思えず、説得力に欠けました(殿下の『パープル
・レイン』
も同じ構造ですが、音楽映画故に、楽曲の破壊力と
いう反則技がありまして)。松井一郎・知事、吉村洋文・市長の
カメオ出演も要らない。「大阪商法会議所」(大阪商工会議所の
前身)は明治11年(1878)に設立、同年9月2日、「西本願寺
津村別院
」にて、第1回総会が開催されています。五代の長逝
(何故だか、肺結核のような描写?! 史実上は慢性腎炎)に際し、
作品内では4,500人の葬列が出来たと説明していました。外題
天外者(てんがらもん)” は、「凄まじい才能の持ち主」を意味する
鹿児島の方言という風に、まことしやかな説明を見かけますが、
ニュアンスが違いますね。「手柄者」の訛りであって、“才能”の
有無を強調するのは、“才助” に引き寄せているだけ。「手柄を
挙げたね」、「よくやったね」という意味合いで、五代の母・やす
(筒井真理子)が才助を褒めた用例から、察してあげてください。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN