梅田OSホテル

梅田OSホテル 大阪の梅田OSホテルが2016年1月6日に営業終了。
 てっきり、ビル全体を取り壊しての再開発と早合点。
 ところが、廃墟化するどころか、依然営業している模様。
 廃業する前に一度泊まっておきたいと苦労したのに……。
 経緯を調べると、同ホテルは元々オーエス(株)の運営。
 そのビルを阪急電鉄(株)が取得して、
 ホテル名は変えずに、(株)阪急阪神ホテルズが運営。
 梅田OSビルの敷地は引き続き、オーエスが保有する。
       ☆
 大体、阪急阪神ホテルズ、オーエスともに
 阪急阪神東宝グループではある。
 今回の阪急電鉄の動きは、梅田OSビルの北隣、
大阪日興ビルとの一体開発を将来に見据えてのもの。
阪急は既に、日興ビルの3分の1を保有(信託受益権)しているそうだ。
御堂筋を挟んで、向かい側で立て替え工事が進行している新阪急ビルも、
大阪神ビル(阪神百貨店梅田本店)と一体化しての再開発な訳で……。
       ☆
ところで、阪急阪神ホールディングスグループと東宝グループの双方に属する
阪急阪神東宝グループの「オーエス」という社名の由来は、創業者の小林一三いわく
綱引きの掛け声「オーエス」から採ったといわれる……
興行を手掛ける東宝グループは綱引きに参加できているのか、近年、影が薄いなあ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示