fc2ブログ

女性画家たちの大阪

来週末の「大阪シニア大学」まちあるき(3月1日)の下見に
参加しています。何と言うか、部外者意識を感じさせられた
経緯があるので、怜悧に観察することが出来る機会です。
大阪天満宮」から「泉布観」まで。14時から(2時間では
なく)90分間で終了したため、時間に余裕が出来、16時半、
相方と西梅田で合流。肥後橋から歩いて、「大阪中之島
美術館
」に足を運びました。幸い、2月10~25日の期間は
18時まで開場しているのです。もっと多くの美術・博物館が
18~19時まで開いていると有り難いのですけれども。展示
内容は、昨年の「大阪の日本画」に続きまして、決定版!
女性画家たちの大阪」。楽しみにしていました。日本画は
そう好きでなかったのですが、近年、好みが変わってきたか、
中之島美術館に限らず、あちらこちらの会場で目にしてきた
作品との再会も懐かしく、閉館ぎりぎりまで見入っていました。
今回のお目当ては木谷千種。「をんごく」は前期展示でした
けれど、「芳澤あやめ」、「浄瑠璃船」、「藤娘」に和みます。
最近、井原西鶴を復習しているため、島成園「西鶴のおまん」、
岡本更園「西鶴のお夏」にも、ぐっと来ましたね。図録の他に
「浄瑠璃船」、「西鶴のおまん」、生田花朝「だいがく」のポスト
・カードを購入。Osaka Metro で西梅田(梅田)に戻りますと、
夕飯時で、「阪急三番街」の「しゃぶ菜」に入っているのです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術近代建築文楽小説呑む

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN