fc2ブログ

女四人の会

「女四人の会」 左に掲げた画像は、大正5年(1916)、
 「大阪三越」における「女四人の会」。
 左から岡本更園(1895~没年未詳)、
 木谷千種(1895~1947)、島成園
 (1892~1970)、松本華羊(1893~
 1961)と並んでいます。吉岡(木谷)
 千種は、池田蕉園の蕉園塾における
 松本華羊の後輩でした。大正5年5月、
 「女四人の会」は1回限りの開催。
       ☆
 島成園の文展入選(1912)は、絵を描く若い女性たちを大いに鼓舞した。当時の美術界は東京と京都の男性画家が大半を占め、文展に入選経験のある女性日本画家は上村松園、池田蕉園を筆頭に数えるほどだった。成園に続いて大正4年(1915)までに大阪から岡本更園と木谷(旧姓・吉岡)千種、松本華羊が文展に入選する。
 岡本更園は第8回文展に《秋のうた》でデビューした。義兄・岡本大更(1879~1945)に学んだ更園は第10回文展にも入選し、星野や大江の姓でも制作した。
 木谷(吉岡)千種は東京で池田蕉園に師事した後に帰阪し、北野恒富や野田九浦、京都の菊池契月に学んだ。大阪の伝統行事や人形浄瑠璃などの画題を好み、長く官展で活躍する。画塾「八千草会」では多くの後進を育てた。
 東京出身の松本華羊は池田蕉園と尾竹竹坡に学んだ。大正4年、父の大阪勤務に伴い来阪し、大阪画壇の一員として活動した。
 いずれも二十代前半で文展に入選した成園と更園、千種、華羊は、井原西鶴『好色五人女』を研究し、大正5年にその成果を「女四人の会」展で発表した。若い女性による生意気な行動だと不興を買いもしたが、因習的な美術界に新風を吹き込む胸のすくような快挙であった。


参考文献:『決定版! 女性画家たちの大阪』(大阪中之島美術館、産経新聞社、関西テレビ放送)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術文楽小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN