fc2ブログ

木谷千種

図録の作家解説から、木谷千種(1895~1947)の項目を書き写しましょ。
縦書きから横書きにするに当たって、和数字を洋数字に書き換える等、
一部変更しています。執筆者は、「大阪中之島美術館」の小川知子氏。
       ☆
大阪市北区堂島浜通に吉岡政二郎の子として生まれる。本名は英。二歳で母を亡くす。明治40年(1907)、アメリカのシアトルで小学校に通いながら絵を学び、同42年に帰国。大阪府立清水谷高等女学校に通い、深田直城に花鳥画を学ぶ。大正2年(1913)頃、女学校卒業前に上京、池田蕉園塾に入門し人物画を学ぶ。大正3年に帰阪し、北野恒富、野田九浦に師事。池田市在住の叔父・吉岡重三郎宅に寄寓。
大正4年、第9回文展に《針供養》で初入選。大正5年、《産毛抜き》と《父恋し母恋し》を文展に送るがいずれも落選。同年、「女四人の会」に参加し、『好色五人女』の八百屋お七を担当。大正7年、第12回文展に《をんごく》で入選し、同8年、竹内栖鳳の紹介で菊池契月に師事、京都に転居。大正9年4月、近松研究家の木谷蓬吟と結婚し、同年、大阪の自宅に八千草会を創立。大正14年、向日会結成に参加。同年、大大阪記念博覧会における「生活と芸術の大阪館」で4月に開催された「絵の大阪展覧会」に大阪から菅楯彦、北野恒富、赤松雲嶺、矢野橋村とともに参加。同年前後、宝塚少女歌劇団『歌劇』(千種の叔父・吉岡重三郎が編集発行人)に千種と八千草会門下生がたびたび挿図や記事を寄せる。『歴史写真』の表紙絵を門下生とともに多数描き、夫・蓬吟の著書の装幀や挿絵も手がけた。大正15年、画塾を八千草会研究所と改称し、女性画のほか、庭の草花を写生させて花鳥画も教えた。塾展を大正15年から開催し、自身も参加。昭和14年(1939)11月、神戸オリエンタルホテルにて個展。昭和5年、西成区南吉田町より大阪府中河内郡長瀬村外島(現・東大阪市)に転居し、同19年、大阪府南河内郡高鷲村東大塚(現・羽曳野市)に移る。近松研究会が妙法寺に建立した木谷蓬吟・千種夫妻の顕彰碑は高津宮に移設されている。


参考文献:『決定版! 女性画家たちの大阪』(大阪中之島美術館、産経新聞社、関西テレビ放送)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術文楽小説演劇史跡

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN