fc2ブログ

丹波路快速

大阪駅を9時52分発の丹波路快速に乗って、兵庫県丹波篠山市に向かいました。
丹波篠山に対して、(精神的に)故郷に近い場所と呼ぶのは大袈裟でしょうが、
馴染みの土地です。福知山線・篠山口に10時59分着。これまで押せていなかった
駅スタンプ(青色)を入手。“「日本遺産」とデカンショのある駅”と記されています。
途中までは晴れていたのですが、山を越えるとやはり冬空。雪もちらついてきました。
11時13分発のウイング神姫(神姫バスの子会社)に乗車し、11時30分、春日神社
前で下車。食事の予約を入れた正午までの間、市役所に足を向け、本庁舎の2階に
上がりました。マンホールカードだけでなく、ダムカードの存在も知りましたが、
現地のダムに足を運んだ後でないと、配布してくれません。何故か、「日本一たい焼」
オーナーの著書が無料配布されていました。時間ちょうどと見計らい、「ぼたん亭」に
入ります。女将に認知されているので、
余計な心配は不要。熱燗で「鳳鳴」を2024_02_27_蘇鉄山
頼み、特選ロースと特上カルビが半々の
ミックス猪肉ぼたん鍋 (7,390円)を
突つきます。もう1人前を追加しまして、
うどんで締め(=デカンショうどん)。
ぼくの地元の天神橋筋商店街同様、
火曜日が休日の店舗や施設が多く、
大正ロマン館」や「ほろ酔い城下蔵
も閉ざされており、「歴史美術館」を再訪
しました。二階町を15時06分発の「ウイング神姫」を待つ間、周辺を散策すれば、「秋葉
神社」の他、“篠山春日神社秋祭り” で用いられる鉾山――魚屋町の「蘇鉄山」と、
下二階町の「諫鼓山」を収める山倉2棟を発見。約4年前に建て替えられたようです。
       ☆
帰路にも乗車する福知山線の歴史を辿れば、明治40年(1907)8月1日、国有化される
までは「阪鶴鉄道」でした。同年4月、同鉄道の監査役に就任していた小林一三は、
6月時点で「箕面有馬電気軌道」の追加発起人でもあり、10月に箕有電車が設立。
再び、逸翁の自伝本(バージョン違い)を読み返しているので、アンテナに引っ掛かり。

参考記事:篠山春日神社秋祭りについて
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 建築近代建築

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN