南高梅キャラメル

南高梅キャラメル森永から発売されている
南高梅キャラメル」をコンビニで購入した。
梅の原料については、紀州産の南高梅を100%使用。
滋養豊富”、“風味絶佳”という
「森永キャラメル」の基本路線は崩さない程度に
絶妙な甘酸っぱさで、既存ブランドの味に幅を広げている。
       ☆
南高梅は、2006年10月27日、
地域団体商標制度の第1弾として認定されたもの。
国産梅の6割は和歌山県産だが、南高梅発祥の地、
同県みなべ町の みなべいなみ農業協同組合が
紀州みなべの南高梅」として
商標登録出願し、特許庁より認定されている。
       ☆
源流を辿ると、明治時代、旧・上南部村(現・みなべ町)にて
高田貞楠が「高田梅」と名付けた梅の栽培を開始。
昭和25年(1950)、「梅優良母樹種選定会」が発足。
37種のうち、高田梅が最優良品種と認定された。
その5年にわたる調査に尽力したのが、南部高校の教諭、竹中勝太郎
高田の「高」と、同校=「南高」から、南高梅と名付けられたそうだ(Wikipediaより)。
       ☆
……「南高」に高田氏の「高」が呑み込まれている観は強いけれども、
みなべ(南部)町の「南」+「高」と思えばよいかな。
しかし、平成の大合併などの際に顕著だった
地名を何でもかんでも、平仮名表記にする風習はやめてほしいと思う。
「南部町」でいいじゃなぃか。JA名も日高郡「印南町」そのままでよかったのに。
もっとも、みなべいなみ農業協同組合そのものが、2014年、
紀州農業協同組合に合併・解散している現状だから、どうでもよいか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コンビニ
ジャンル : グルメ

tag : おやつ

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示