大安寺

帯解寺」を出ると、JR桜井線で京終(きょうばて)駅へ移動。
……たったの1駅なんですが、待ち時間が長い。
京終駅で下車すると、「大安寺」を目指して西進。
以前、同寺を訪ねた時は、JR奈良駅から とぼとぼ歩いたものでした。
相も変わらず、殺風景な地方都市郊外の景観です。
道路をびゅんびゅんと車が走り、風情の欠けらもなく。
南都七大寺”の一つなんですが。わが国最初の官寺なんですが。

点在する史跡の一つひとつが、かつての寺域の広大さ、伽藍の壮麗さを物語ります。
反して、今は昔、現在の慎ましやかな大安寺の有り様が、興をそそる面も無くは無く。
いえいえ、感傷に浸ってはいけません。
今回の目的は「天平秘仏・馬頭観音特別開扉」なのですから。
前回の訪問は2009年11月24日、秋口でしたから、「十一面観音特別公開日」。
あの秋には見られなかった馬頭観音ですが、春先には鑑賞できるのでした。
まず「嘶堂」に、天平秘仏の馬頭観音立像を訪ねます。

例によって忿怒相ですが、よくある頭上の馬頭セッティングは無し。
腰に獣皮をまとい、瓔珞(ようらく)や足首には蛇が巻き付いていました。
馬頭観音の儀軌が定まる以前の作例とみられ、同寺の他の天平仏と同じ匂い。
馬が牧草を食むように、諸々の悪を喰らい尽くし、
たくさんの水を一気に飲み干すように私たちの災厄を除く、といわれています。

讃仰堂(宝物殿)」に入ると、大安寺_だるま
いつもの天平仏9体がお出迎え。ほっとします。
小学生時代の校舎で、旧友と再会する感覚。
不空羂索観音立像を中心に、脇侍の2体が、
楊柳観音立像と聖観音立像。その横に四天王。
観音様でありながら、馬頭観音が忿怒相なのは
まだわかるのですが、楊柳観音までも忿怒相! 
馬頭観音の怒りが伝染ったのかなあ? 

右の画像は、境内の手水鉢の縁に居並ぶ だるまたち。
大安寺のおみくじは、だるまみくじなのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示