fc2ブログ

石清水八幡宮

2024_04_19_石清水八幡宮 4月19日9時43分、淀屋橋発の京阪
 本線・特急に乗車しました。樟葉で
 10時18分発の準急に乗り換えまして、
 石清水八幡宮で下車。石清水八幡宮
 参宮ケーブルにケーブル八幡宮口から
 乗って、ケーブル八幡宮山上に上がり、
 「石清水八幡宮」まで詣でるのです。
 ちょうど、厄除開運交通安全祈願祭
 (焼納神事)が行われていましたが、
初夏めいた天候のせいで、我慢大会?!をしているように見えなくもなく。「伊勢神宮」に
次ぐ国家第2の宗廟、“日本三大八幡宮” の1つと称されているそうですが、ぴんと
来ません。都の裏鬼門(南西)に位置しており、男山山上展望台から三川(桂川/
宇治川/木津川)合流の地を見下ろしました。御朱印を2点(本社+摂社「石清水社」)
頂いて下山。実は、今回の主目的であった「飛行神社」に参詣した後、「御幸橋」から
木津川を渡って、「さくらであい館」から周囲を展望しています。14時を迎え、さすがに
昼時分でしたが、駅周辺でも、「朝日屋」しか利用できそうな飲食店が無いの。蕎麦を
啜り、瓶ビールを空けました。デザートに「やわた走井餅老舗」の走井餅を購入すると、
頓宮の近く(放生川沿い)で頂いています。15時13分発の準急を待って、帰阪の途。
いろいろあったけれど、頭の中はまとまらず。中津のグリル「アイで夕食にしましょ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 建築史跡蕎麦おやつ

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
⇒ 旧プロフィール

歌わない詩人、喰えない物書き。
たまに「考える人」、歴史探偵。
フードビジネス・コンサルタント
(自称)。
好きな言葉は「ごちそうさま」。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
Amazon
QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
SOUKEN