『ナジャ』再読―労働について―

私は労働の観念を物質的必要として受けいれざるをえないし、この点では労働のもっともよい配分、もっとも公正な配分にはだれよりも好意的である。いまわしい生活上の義務から労働を強いられるのならまあいい。だが、労働を信じろだの、自分の労働や他人の労働を敬えだのと要求されるのはごめんである。かさねていうが、私は自分が昼ひなかを歩く人間だと信じるよりも、夜のなかを歩いているほうが好きだ。働いているあいだは生きていたってしかたがない。だれしも自分自身の生活の意味の啓示を権利として期待できる出来事、私はまだそれを見つけていないかもしれないが、それをめざす途中で自分をさがしている出来事、そういう出来事は、労働とひきかえに与えられるものではない。
       ☆
ブルトン小説(描写批判)と並び、この労働批判もぼくを刺激し続けたものです。
“批判”するには、「描写」と「労働」の中に深く沈潜し、考える必要が出てきます。
執拗に描写を重ねることもあるし、がむしゃらに働き倒すこともあるかもしれません。
しかし、それは「描写」や「労働」を信じることとは、全く関係ございませんので。
ただ、 “自由”のために。小説が何者にも囚われず、自由に生きていくために。

参考文献:アンドレ・ブルトン『ナジャ』(岩波文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

ラファルグ

ポール・ラファルグ『怠惰の権利』も読んでおきたいなぁ。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示