ECCE HOMO

「国立国際美術館」で観劇後、「ECCE HOMO 現代の人間像を見よ」を鑑賞。
仰々しいテーマと裏腹に、同館所蔵作品を中心とした100余点のバラエティー展?! 
非常に興味深いのですが、まとまりに欠け、何ともなしに忙しない気持ちを覚えます
……現代人だから? まさか、それが狙い? ということもないのでしょうが。
逆に言うと、誰であっても、それぞれのツボに嵌まる作品に出会えたのかも。

ぼくはと言えば、ウォーホルなんぞどうでもよくなる濃ゆい作品群に惚れました。
個人的なセンサーに引っ掛かったものを忘れないうちに、書き留めておきますね。
 北山善夫「生きること 死ぬること」
 石井茂雄「暴力シリーズ・曲芸」「不安な都市シリーズ―共犯」
 池田龍雄「化物の系譜」シリーズ、「見知らぬ機械」
 小谷元彦「Phantom-Limb」、「Terminal Impact」

ターミナル・インパクト」とは、歩行時、膝に掛かる衝撃のこと。
小谷は京都出身の現代美術家で、欠落(=不在)による 人体のリアルを探求?
映像やインスタレーションを駆使して、“彫刻”とは何か、問い続けてきたらしい。
同映像インスタレーションは、義足の女性作家・片山真理とのコラボレーション。
一緒に観ていた相方は「彼女はロボットだ」と終始主張。頭をくらくらさせられました。

「ECCE HOMO」に圧倒された後、「竹岡雄二 台座から空間へ」を鑑賞。
ただの台座が広々としたスペースに、ゆったりと配置されています。
彫刻作品を置くための台座なのに、台座だけがそのままで自律しています。
様々な素材や色彩を持つ台座の数々……しかし、そこに彫刻作品は載りません。
人間、人間、人間と倦んざりするほど「人間像」に向き合った後ですから、清涼感。
そこに存在しないことによって、在る~在ったかもしれない何か……さらには、
そこに在ったり、在らしめたりする(周囲を含めての)空間全体へ想いを誘われます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示