所得階級別に見た豆腐の家計支出

総務省統計局が公表している家計調査には、「年間収入五分位階級別」という分類がある。この五分位別に基づいて、2005年の農林漁家世帯を除く全国・全世帯(1世帯当たり)の豆腐に対する支出金額、購入数量、平均価格を別表にまとめた。

「五分位」とは、所得の低い人から高い人を順に並べて、20%で区分したことを意味する。第1五分位は下から20%に属する人のことを指し、第5分位は上位20%の人を指す。家計全体で豆腐の占める割合を分かりやすくするために、消費支出ならびに食料に対する支出金額(食費)も表に盛り込んである。

容易に予想されるように、所得の低い方から高くなるにつれて、つまり第1五分位から第5五分位にかけて、消費支出と食費は正比例関係で大きくなっている。その半面、消費支出に対する食費の割合(大まかに言えば、エンゲル係数)は、第1五分位から第5五分位にかけて反比例で小さくなっている。要は所得が低いほど、エンゲル係数が高い。豆腐の購入頻度も第5五分位に近いほど(所得が高くなるほど)回数が多くなる。第1五分位と第5五分位を比べてみると、一年間で約10回の購入頻度の差が生じていることが分かる。

しかし、まず注目すべきは豆腐に対する支出金額だろう。第2五分位(6,060円)と第3五分位(5,989円)の間で、差額71円とはいえ、逆転現象が見られる。また、よく見ると、第3五分位と第4五分位が食費に占める豆腐の割合が0.68%で同じことにも目が留まる。所得階層が高いからといって、豆腐への支出金額が増えたり、豆腐以外の食費の割合が高まったりするとは一概に言えないのである。

さらに驚くべきことが、豆腐の平均価格を五分位階級別に見ることで明らかになる。平均して最も高い豆腐を購入しているのは第5五分位(92.68円)であるが、第5五分位に次いで高いのは第2五分位(89.28円)なのだ。これは第4五分位(86.99円)を2.29円上回る。一方、平均して最も安い豆腐を購入しているのは第3五分位(85.15円)で、第1五分位(86.39円)よりも低額だ。このランダムな結果を見る限り、単純に所得階級別のマーケティング手法は通用しないように思われる。

豆腐横丁_200701
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : トーヨー新報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示