日本最大秘仏・蔵王権現

銅の鳥居 4月11日(月)、吉野山へ近鉄電車で出掛けました。
 吉野山ロープウェイで、千本口駅から吉野山駅まで。
 吉野大峯ケーブル自動車の運営するロープウェイ
 (=索道)で、現存する日本最古の索道路線らしい。
 乗降時、ぐらぐら揺れる車体を人力で支えるのが素敵。
 桜の季節は去りつつありますが、予想以上の賑わい。
 てくてくと、下千本(しものせんぼん)の参道を上ります。
 目の前に見えて来るのが、「(かね)の鳥居」。
 別名「発心門」で、名に違わず、銅製です。
 間近に、開基・役小角を祀った行者堂もありました。
 何しろ、吉野山(=金峯山)で蔵王権現を感得した
 という役行者小角ですから、山中に像の数知れず。
さらに、旅館や土産物屋の並ぶ参道を上ると……。

金峯山寺」の国宝・仁王門が目に飛び込んでくる金峯山寺_蔵王堂
はずなのですが、養生シートにくるまれています。
平成31年着工予定“平成の大修理”を控えてのもの。
その「国宝仁王門修理勧進」のために、
2012年から10年間、毎年一定期間のみ、
金剛蔵王大権現 特別ご開帳」が実施されています。
今回、ぼくの吉野山入りの目的がそれでした!
金峯山寺の本尊、蔵王堂蔵王権現立像は3体。
“蔵王権現”は日本の修験道独自の神格となり、
本地は左から、弥勒菩薩釈迦如来千手観音
像高は順に5.92メートル・7.28メートル・6.15メートル。
 特撮好きのぼくとしては、青色の巨人つながりで、
 ウルトラマン アグル、コスモス、ネクサス、ヒカリ
 などを一瞬だけ、思い浮かべてしまいましたが……。

山岳信仰の聖地だけあって、蔵王堂の柱には梨など自然木を素に近い状態で使用。
蔵王堂自体が国宝で、東大寺大仏殿に次ぐ木造大建築に当たるようです。
役行者像のほか、旧・安禅寺本尊の蔵王権現立像も拝観できます。
こちらの蔵王権現を見ても顕著なのですが、本地垂迹(ほんじすいじゃく)説から
どれだけ本地が弥勒・釈迦・千手等と説かれても、明王の類にしか見えません。

蔵王堂内の濃ゆい空気に当てられまくって、役行者銅像
表へ出ると、四本桜も葉桜になっていました。
「おや、こんなところにも天神さんがいる」
(⇒「威徳天満宮」)などと思いつつ、
だらだらと続く階段坂を下っていきました。
つい「脳天大神(おおかみ)龍王院」に惹かれて。
首から上の病気に霊験あらたかといわれ、
頭を割られた大蛇(=蔵王大権現)を祀ります。
右の画像は「吉野の脳天さん」へ至る
下り坂の途中にも建つ役行者銅像です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

日記じゃない

細かいネタが多過ぎて、正確な意味では「日記」じゃない。
まず、ブツ(仏)ネタだけ先に記すつもり。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示