久米仙人肉付像

久米仙人像 4月12日(火)、奈良県の近鉄・橿原神宮前から歩く。
 (「吉野の脳天さん」は首から上の病気に霊験あり)
 この日、目指した「久米寺」は眼病に霊験あらたか。
 久米寺の本尊、薬師如来坐像に祈願したところ、
 聖徳太子の弟、来目皇子の眼病が平癒したそうです。
 はた目には、町中の庶民的なお寺さんのようですが、
 境内から本堂まで見所が満載で、悶絶しそうでした。

 本堂にお話を絞らせてもらいますと、
 まさに、引っ繰り返した おもちゃ箱状態です。
 足の踏み場も無いほどに、お宝(?)だらけ。
 猥雑な雰囲気すら感じられ、堪りません! 

ご本尊となる薬師如来坐像ですが……
正面に鎮座するとはいえ、限られた四角い枠から覗き込むというチラリズム
不思議と大きく思えるのです。妙に生々しく感じられるのです。
まるで、こちら側が覗かれているような 息苦しささえ覚えます。

本堂の裏手に回ると、狭い通路に種々の宝物がぎゅうぎゅうに並んでいます。
その一角に、あの「久米仙人肉付像」も、ひっそりと祀られていました。
まかり間違えば、UMAのミイラ同様、見世物扱いされてしまいそうな いかがわしさ
……素敵です! 東大寺大仏殿建立の際に、仙術をもって大きく貢献した久米仙人
後に、衆生の中風と下の病を取り除くため、本尊・薬師如来に誓願を立てると、
自身の像を彫刻したそうです。その自作像には、己の頭の毛と生歯を植え
肉付の像として、昇天されたそうですが……別な意味で、ぞくぞくとさせられますね。
薄暗い堂内、肉付像の生の歯と髭(=頭髪)を目の当たりにする得難い体験でした。

ところで、ぼくにとって、久米の仙人は昔から敬慕するキャラクターでした。
体得した仙術で飛行中、川で洗濯している女性のふくらはぎに見とれ、
神通力を失って地上に墜ちてしまう久米の仙人。
以後、市井の一庶民として暮らすというエピソードが大好きで。
そのモチーフに憑かれて、拙い掌編を手掛けたこともあったなぁ……。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示