描く悦び

「京都市美術館」で、ルノワール展が開催中。
モネ展と併せて観に行く予定なのですが、実は大阪でもルノワールを鑑賞できる!
大阪市浪速区湊町の「ホテルモントレ グラスミア大阪」22Fに併設された
山王美術館」では、7月29日(金)まで「ルノワール展」を開催中。
「春・夏コレクション展2016」と銘打ち、サブ・タイトル「描くことは生きる悦び」。
ルノワールの名品26点が、一室に端然と展示されていて、ちょっとした贅沢感です。
別室の日本画コレクションでは、東山魁夷杉山寧堂本印象の作品を展示。
もう一室での「越後瞽女日記」シリーズなど、斎藤真一コレクションが個人的にツボ。

この日(4月15日)も「山王美術館」に赴くと、仮面ライダー1号
「ルノワール展」を鑑賞しました。気軽に近場で、
ちょこっと、近代絵画を愉しめるのが素敵です。
その後、この日が最終上映日となっていた
『仮面ライダー1号』を観に行く予定……
だったのですが、些細なボタンの掛け違い(?)から
暗黒の瞬間”に陥り、“深淵の奥”に落ち込む羽目に。
ブルトン曰く「愛そのものは、さまざまな錯誤から
明らかに無傷で抜け出してくるとしても、
愛する者についてはたぶん同様ではない。
愛する者は苦しみやすく、さらに悪いことに、
苦しみの理由について誤解しがちである
」。

その過ち……罠は、一週間後にもたらされる悲しい知らせの先触れだったのでしょうか? 

参考文献:ブルトン『狂気の愛』(光文社古典新訳文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 映画

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示