光紡ぐ肌

ハナミズキハナミズキの咲き誇る京都市の三条通を東進。
岡崎公園内の京都市美術館で、「モネ展(後期)」
観た流れで、「光紡ぐ肌のルノワール展」も鑑賞。
山王美術館」でもルノワールに触れていたので、
妙に、馴れ馴れしい気すらしないではありません。

正直、無防備なまでに、“幸福な生命の輝き”を
賛仰する彼の画風には、閉口させられそうな時期も
……しかし、ルノワールはそんなことを百も承知で、
人生には不快なものがたくさんある。だから
これ以上、不快なものをつくる必要はない
」と
言い切り、その信念を裏付ける技術にも長けていて。

ルノワールが“印象派”という括りからはみ出してしまうのは、
彼の確かな職人技よりも、そのモチーフに多くの者が魅せられてしまうから。
幸福そうな家族、女性、都会人の新鮮な生気に、鑑賞者は思わず微笑みます。
(ぼくは即物的に、ルノワールの描いた肌のしっとり感に、息を呑むのですが……)
今回の展示会のメイン(?)は、名作「舟遊びの昼食」
その後を描いた「昼食後」でした。“日本初公開”という触れ込みです。

ルノワールはどうやら、18世紀ロココ絵画の巨匠、フランソワ・ブーシェ(1703~70)の技法を手本にしていたそうです。「亜麻仁油とテレピン油を独自に配合したシルバー・ホワイトのなめらからな下塗りの上に、水彩のように薄く溶いた透明な油絵具を何層も重ねてゆく。すると光を透過させた絵具は、下地の白が反射する光を受けて、しっとりと濡れたような豊潤な色彩になり、タッチを輝かせる

参考文献:『西洋絵画の巨匠 ルノワール(小学館アーカイヴス)』(小学館)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示