みずうみ

4月24日(日)、「第4回 二人の読書会」を開催しました。
今回のテクストは、シュトルムみずうみ』(岩波文庫)、表題の短編1編です。
ドイツの作家、テオドール・シュトルム(1817~1888)は、
生涯の大半を法律家として暮らし、文学業については余技と言えないまでも
決して本職とも言えないでしょう。代表作となる「みずうみ」は32歳の作。
これ一作だけで文学史に名を残したというか、ぼくのフォーエバー・グリーン。
小学生時代から、繰り返し、読み耽ったものです。個人的には、いつでも泣けます。
センチメンタル極まりない小編で、漠然と“ロマン主義”の流れで見ていましたが、
正確にはドイツ文学史上、“詩的リアリズム”の代表作家という位置付けでしょうか。
読書会自体は、フリースタイルの合評に至る前段階といったところで、
代表的な場面の読解について、相互確認をしたレベルに留まっています。
今年は基本の再確認、足腰を一から鍛え直すことに主眼を置いているので大丈夫。

参考文献:シュトルム『みずうみ』(岩波文庫)

「二人の読書会」開催直前には、「新梅田食道街」内の
た古梅(分店)」で、たこ甘露煮や馬刺しを摘まみました。
もちろん、おでんも頂いたので、「おでんプログラム(6)」にも数え入れられますね。
“走り”となる新竹の子も美味しかったです。
読書会自体は、大阪にも進出してきた「もうやんカレー」。
スパイス料理とワイン”のお店で、食べるのか、呑むのか? どっちなのよ? 
と戸惑う人も多いかな。締めに、カレーが欲しくなる ぼくには、全くの無問題ですが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 読書会 呑む おでん カレー

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示