餃子屋さん「味力亭」

味力亭 割と長い間、大阪・鶴橋で働いていたことがあります。
 その時のよしみで、いろいろお世話になったお店へ、
 たまの機会に、足を運んでみたり、昔話をしてみたり。
 住所で言えば、大阪市東成区東小橋3丁目20-32。
 日中から、おでんがぐつぐつ煮えるナイスな居酒屋
 「うどん天国」とお好み焼き「千寿」の間に、昔、
 よく上司に連れ込まれた居酒屋があったのですが、
 店名が思い出せない。同じように、無くなってしまった
 「うどん天国」の名はちゃんと覚えているのに。
 ただ、その後に居抜きで入ったらしき餃子屋さんは
 目に留めていて、機会があれば、いつか入ろう!
 と心に決めつつも、前回、近くを通りかかった際は
「千寿」に流れていましたが、リベンジの好機到来。

もう名前の思い出せない居酒屋は、餃子屋さん味力亭(しそ餃子)
味力亭」に替わっていました。ちょっと調べてみると、
丸正餃子」の系譜にあったようですが、
メニューからも「丸正餃子」の文字は消え、
野菜餃子」に置き換えられ、吹っ切れている模様。
がつんとニンニクが効いた味力亭餃子
ニンニクを生姜に代えた味鶴餃子
スープに浸からず胡麻だれで食する水餃子……
どれも美味で、ビール、さらに冷酒がぐいぐい進みます。
もう少しだけ、カリッと焼かれていてもよいかなあ。
当初の懸念をよそに、しっとりしている分、ぺろりと
平らげてしまいます。特に気に入ったのが、しそ餃子
清爽な梅肉ソースが後を引いて、何皿もお代わり。
水餃子とは別に、スープ餃子もあり、麺入りにすれば、立派な締めとなります。
※ぼくは呑んだくれにつき、何かと費用は嵩むのですが、それにもかかわらず CPも良好。

味力亭餃子 / 鶴橋駅玉造駅(JR)今里駅(大阪市営)

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

賞味期限が来る前に

記事の賞味期限が来る前にw
実際に「味力亭」に入ったのは、4月12日(火)です。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示