ホラーじゃない

この日(5月10日)元々「長谷寺」に詣でる予定でしたが、奈良県も生憎の雨模様。
雨に濡れつつ、長谷寺の長い石段を昇るのは、極めて剣呑。急遽、予定変更。
相方に連絡を取り、「秘密のビデオ会」を開催しましたとさ。
通算にして、第16回? 最初の頃のように大人数を集めることなく、小ぢんまりと。
この日はだらだらと、テーマも、モチーフもなく、3本ばかり。
ホラーのような、ホラーでないような(ぼくはいずれも再鑑賞となります)。
       ☆
 マット・リーヴス監督『クローバーフィールド』(2008年)
 三池崇史・監督『インプリント』(2005年)
 松本正志・監督『狼の紋章』(1973年)
       ☆
『クローバーフィールド』の根っこは怪獣映画ですが、
ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)の手法を使って、当時は目新しかった。
ちょうど、続編らしき『10 クローバーフィールド レーン』の公開時期ともなりますが、
例えば、ビデオ版の『呪怨』同様、(あくまで偶然に起こった、映像が残ったという)
構造的に、続編製作やシリーズ化は、どのような形であれ、
意図が透けて見えてしまう時点で、駄目かもと思われるのですが、どうなるかしら?
『インプリント』は、岩井志麻子の原作『ぼっけえ、きょうてえ』が、
岡山県を舞台にして人面瘡ネタと、徹頭徹尾、“和風”なのに対して、
三池監督の手に掛かると、あのカルト・ホラー、フランク・ヘネンロッター監督の
『バスケットケース』(1982年)を彷彿とさせる仕上がりとなります。
原作も好きではありますが、映画版の『インプリント』も“有り”です。素晴らしい! 
『狼の紋章』は松田優作のデビュー作。主人公の犬神明を演じるのは、志垣太郎。




『クローバーフィールド』など、フェイク・ドキュメンタリーに多用される演出法は、
POV手法Point of View Shot)」と呼ばれています。
いわゆる“主観ショット”で、カメラの視点を登場人物の視点と同一と見做すもの。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示