マネの印象

以前、ぼくの書いた文章について、
「ここには、好きになれそうな人物が一人として出てこない」
といった批判(非難?)を受けたことがあります。
そうなんだろうか? と、ぼくは冷ややかに頭の片隅で思いめぐらしていました。
率直な感想に感謝はしましたが、「貴方が好きになれないタイプ」というだけで、
ぼくは、好きとか嫌いとかではなく、無性に惹かれ、言葉に書き留めておきたい
という衝動を大切にした訳でありました。世俗的な価値観とは、全く、距離を置いて。

印象派のマネが生きていた時代、その非難者からと同じく擁護者からも
対象に無関心な画家」と評されていたそうです。
家族を描くにしても、友人を描くにしても、血の通った人間の親密さが見えない、と。
マネの側に立っていたはずのゾラにしてから、「(=マネ)の描き方は、
アカデミーの画家たちが静物画に対する態度と同じようなものだ
」と記します。
思うのですが、それらの批判は全く間違ってはいないのでしょう。
ただ、だからといって、非難されるべき筋合いも全く無いかと思われるのです。
近代の人間が、まるで“”のように、非人間的にしか見えない(疎外されている?)
という自身の印象を、マネは馬鹿正直に描いただけのように考えられるのです。

マネは抗議しようとしたことなど断じてない。彼は他の誰でもなく
自分自身であろうと努めたに過ぎない
」とマネ自身が表明しているように、
彼の向き合った現実がそうであった、それをそのまま画布の上に表しただけでしょ。

参考文献:吉川節子『印象派の誕生』(中公新書)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 小説

コメントの投稿

Secret

見たくない人たち

本当に“無関心”ならば、わざわざ目に留めたり、
労力を費やして描いたりしない。
見たくないものから目を逸らしたり、見えないふりをするのでなく、
真摯に、見てみた結果なのでしょう。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示