本とん平

昔からずっと、変わらない味で営業している店があると、ほっとします。
そんなお店のひとつが、曽根崎お初天神通り商店街に在る「本とん平」。
学生時代から、嗚呼、とん平焼きを食べたいなあ、という気分の時に訪れます。
大阪を離れると、あまり見かけないメニューでしょうか? 
「本とん平」の店名の肩書“名物元祖とん平焼”にもあるとおり、このお店が元祖。
先月(4月30日)、久しぶりに入って、とん平焼きに瓶ビールを注文しました。
女将から「チャップでいい?」と訊かれ、「え、他に何があるん?」と一瞬混乱。
チャップ(=豚ロース)以外に、牛ロースでもオーダーできた模様。
でも、豚を平たく焼いた物が「とん平焼き」なのだから、“牛”だと別物では?
昔から、普通(豚ロース)のとん平焼きしか食べたことがないのです。
ちなみに、その由来は、戦時中、ロシアに抑留されていた創業者が
ロシア兵の食べていた物を見て盗んだレシピ……らしいです。死中に活あり。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

tag : 呑む

コメントの投稿

Secret

No title

ぱっと見て、「左とん平」と読んでしまいました(>_<)

とん平焼、食べてみたいなぁ。
もちろん、チャップ?で。

豚つながり?

> ぱっと見て、「左とん平」と読んでしまいました(>_<)

……昭和やなぁw

「西遊記II」での猪八戒・役と考えれば、豚つながり。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示