あのひと

5月27日(金)、大阪の「なんばパークスシネマ」で映画を観ました。
(同シネマでは前回、ちょっと、不穏な事態に陥りかけたので、妙に警戒)
鑑賞した作品は、山本一郎・監督の『あのひと』(2014年)です。
大阪生まれの作家、織田作之助が昭和19年(1944)に書いたとされる脚本で、
一言一句、弄ることなく、そのまま映画化したそうです。
モノクロ/スタンダード・サイズの映像に、郷愁を誘われます。

戦死した部隊長の遺児、「小隊長」を育てる4人の帰還軍人らと、
彼らが勤め人として暮らす京都の下町に住まう4人の妙齢の女の子たち。
戦局が悪化したため、青年4人は軍需工場に働きに出ることを決め、
代わりに4人の女の子らが小隊長の面倒を見ることになります。
正確には、4人の男女に加えて、元・板前の鶴吉、トラばあさんもいますが。

劇団「とっても便利」の団員らが丁寧な芝居を見せてくれ、
映像作品というより、まさに“劇映画”と呼ぶべき空間において、
時代のエア・ポケットにはまったような、風変わりな 共同生活が描き出されます。
4人(+1人)が それぞれの“あのひと”の帰りを待ちわびながら……。
劇団員の好演も光る中、ぼくの好きな神戸浩(=鶴吉)の不器用な役柄が素敵。
その鶴吉を慕うトラばあさんは、老け役でもないのに、田畑智子が演じていたことで、
全体を貫く手堅いリアリズム描写に対して、「ばあさん」……「ばあさん?」と
心地良い一点のファンタジーを生み出していたように思います。

大阪の“オダサク”、幻の脚本ということから、大阪市交通局がタイアップ。
しかし、オダサクゆかりの地を紹介した「オダサク・マップ」などに、目新しさは皆無。
甘味処「夫婦善哉」や生國魂神社口縄坂など、今更感が強くて……。
織田作之助が古くなったのでなく、オダサク観がアップデートされてないんですね。
古典は常に新しい“読み”が出来るのに、古い読みに固執してしまっているようです。
そのせいでもないでしょうが、ぼくの観た回は、ぼくを含めて観客は計4人。
声高に語る大作ではありませんが、心の中で、ひっそりと愛でたい好編でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

tag : 映画 小説 演劇

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示