頭に咲く青い花

5月31日(火)、「第5回 二人の読書会」を開催。
毎月1回のペースで運営中ですね。
今回のテクストは、江國香織つめたいよるに』(新潮文庫)。
文庫本では一冊となっていますが、
元々はデビュー作「桃子」を含む『つめたいよるに』と、
料理をモチーフにした『温かなお皿』の合本です。
合計21編が収録されているところ、諸般の都合から
短編数を絞った上で、読書会に臨んでみましたが……。
「デューク」「桃子」「草之丞の話」「いつか、ずっと昔」「スイート・ラバーズ」
「冬の日、防衛庁にて」の6編です。特に、ぼくの趣味で選んだ訳でなく、
輪廻を含めてのメタモルフォーゼ(=変容、変身譚)、
生と死のあわいを無化する作者独特のやわらかい語り口に
焦点を当てたかったのかもしれません。
デューク」はクリスマス・ストーリーとしても秀逸。
桃子」「草之丞の話」には、漱石『夢十夜』を彷彿とさせる夢幻味があります。
いつか、ずっと昔」は個人、生物としての種までも超える“愛”の形が素敵。
(同作では、擬態語の用法がもろに萩原朔太郎で、笑ってしまいますけれど)
スイート・ラバーズ」では種でなく、世代を超えて、愛が伝播していきます。
……そこに一編、「冬の日、防衛庁にて」を加えたのは、何故だったかしら? 

参考文献:江國香織『つめたいよるに』(新潮文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 読書会

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示