みちりや

「青空文庫」で、中里介山『大菩薩峠』をぼちぼち読んでいます。
全41巻の長大な小説だけれど、お銀様は報われんなぁ とか
弁信が出てくると説教臭くてイラッとするなぁ とか、ぶつぶつ言いながら、
でも、これは優れたキャラクター小説ではないか!と開眼。
現在、26「めいろの巻」まで読み進めているところです。
しかし、その前巻タイトル、25「みちりやの巻」がよくわからない。
みちりや……『広辞苑』を引いても、すんなり出てきません。
そのまま、ネット検索に切り替えてみました。
中里介山のキリスト教や社会主義への傾倒に始まり、
机龍之介のモデルが北一輝だとか、余計に混迷を深めそうですが、
(最も、要を尽くしているのが、「松岡正剛の千夜千冊 688夜」)
大悲心陀羅尼」経(=大悲咒)の一節、「彌帝唎夜(みちりや)」に行き当たります。
ただ、サンスクリット語なので、漢字を見ても意味はわからないのですね……。
ひとまず、宿題にしておきましょうか。


参考文献:中里介山『大菩薩峠 みちりやの巻』(青空文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示