生命大躍進

ダンクルオステウス&ウミサソリ.JPG 「大阪市立自然史博物館」へ出掛けました。
 特別展「生命大躍進」を観るためです。
 サブ・タイトルは「脊椎動物のたどった道」。
 ダンクルオステウスウミサソリ(=左画像)
 ディメトロドンの実物大の復元模型、
 触ってもよい三葉虫竜脚類脛骨の化石、
 各所ディスプレイで流される 4K映像など、
 約40億年の生命進化の歴史を リアルに
 体感できる展覧会で、老若男女が押し寄せ、
 会場内は非常なにぎわいを見せていました。
       ☆
日本初公開となる化石も複数、展示されています。
カンブリア大爆発におけるバージェス頁岩動物群から
脊椎動物の祖先といわれる ピカイア
カンブリア紀・最強の捕食者 アノマロカリス……
シルル期から史上最大の節足動物(2.2m!) ウミサソリ
大阪展では複製標本となりましたが、
最古の哺乳類といわれる真獣類(=有胎盤類) ジュラマイア
95%の全身骨格が残る霊長類 ダーウィニウス・マシラエ(=イーダ)。
イーダで、4,700万年前の化石とされていますね。
       ☆
エピローグに近いブースでは、現生人類に最も近いとされる
ネアンデルタール人ゲノム(全遺伝子情報)解析によって、
ネアンデルタール人と現生人類という2つの種が同時に存在し、共存していた
……即ち、2つの種の間には“交雑があった”という結論が示されていました。
さらに、ネアンデルタール人由来の遺伝子は、アジア人もかなり共有している、と。
ネアンデルタール人に最も近いのが日本人との一説もあり、非常に興味深いところ。

参考記事:ネアンデルタール人の性質を探る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 博物学 恐竜 化石

コメントの投稿

Secret

この日の失敗

当日は、金券ショップで前もって買い求めていた券を自宅に忘れていました。
長居から天満に帰るのも時間のロスが大きいので、当日券を再購入。
もったいないことをしました。余ったチケットは、子供のいる知人に進呈。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示