ピカソの秘密

扇子を持つ女 街中で気軽にアートを愉しめるという感覚から
 「あべのハルカス美術館」は、ぼくもお気に入りです。
 6月24日(金)は「ピカソ、天才の秘密」展を鑑賞。
 ピカソの生涯を4つの時代に区分し、
 計91点の作品が展示されていました。
  第1章 少年時代(1894~1901)
  第2章 青の時代(1901~1904)
  第3章 バラ色の時代(1905~1906)
  第4章 キュビスムとその後(1907~1920s)
 少年時代から順に32点、9点、23点、27点。
 最もピカソ的なキュビスム以降の作品数が少ない! 
 つまり、キュビスム誕生以前のピカソ、
 ピカソが“ピカソ”となるまでの軌跡をたどる企画です。

青の時代の始まりは、パリで共に研鑽を積む友人画家、天才の秘密
カルロス・カサジェマスの悲恋の末のピストル自殺……。
その時代の作品は、どれも悲哀漂うブルーの画面。
天才少年画家の佳作・秀作に感心してきた鑑賞者は、
ここで初めて、“ピカソ”という個性の萌芽を目にします。

その後、緩やかに回復したピカソは、バラ色の時代に
突入する訳ですが、フライヤーにも使用され、
目を奪われてしまう「扇子を持つ女」(1905年)。
女の着衣やバックに、青の時代の名残は窺えますが、
生色あふれる瑞々しい肌の色に救われます。
が、扇子を持つ彼女のポーズは一体、何でしょう?
最初、ジャポニスムの流れを汲んで、
太極拳の一動作か何かだろうか?と疑いました。
しかし、持ち上げている右脚さえなければ、左手から扇子を外して見れば……
むしろ、如来像などでよく見られる施無畏与願印(せむいよがんいん)ではなかろうか、と。
そう気付いてしまうと、右手は施無畏印、左手は与願印の相にしか見えてきません。
ピカソが仏教美術に精通していたという事実は知りませんが、
芸術の根幹、あるいは人体の取るポーズは、人種・民族を超えた無意識の部分で
何かしら通底するものがあるのではないかしら?などと思えてきたのでした。
扇子を持つ女は、観る者(描いた者も含め)に慈悲を与えてくれるようなのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 美術 仏像

コメントの投稿

Secret

天王寺コース

最近、「あべのハルカス美術館」を訪れた後は
必ず「森田屋」にお邪魔しているなぁ。
良い居酒屋で、本当に重宝します。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示