孤独リセット

終わった後から、振り返ってみて、初めて意味がわかる。
もっと正確に言うと、何かしらの予兆を読み取ってしまい、
不可逆的な時の流れに抗して、未来を先読みしていたのか?
そんなふうに、推し量ってしまう人間心理の性があります。
山川方夫(1930~1965)が昭和29年(1954)3月、
「三田文学」に発表した中編「煙突」は、彼の父の死の翌年、
昭和20年頃、15歳の山川が主人公とされていますが、
その終盤、非常に気になる2段落を以下に引用してみます。

 ぼくは彼の自殺が恐(こわ)かったのではない。くどくどと思いつづけながら、突然、それとは無関係な、全身のひきしまるようなある理解がきた。そうだ。孤独とは、だれも手を下して自分を殺してはくれないということの認識ではないのか。……そして、ぼくはぼくの孤独だけを感じた。
 そのとき、やっとぼくに恐怖がきた。それは山口という一人の他人には無縁な、ぼくだけの恐怖だった。いわばぼく自身の生命を、最後までぼく一人の手で始末せねばならないという、冷厳で絶対的な人間のさだめへの恐怖だった。


言葉が身体を裏切るような、(いや、“身体”も言葉であるならば)
過去の言葉が来るべき言葉をあらかじめ欺くかのような
イロニーを痛切に突きつけられているような気分に陥ります。
誰も自分を殺してはくれない、自分の生命は自分で始末しなければならない。
そんな当たり前の“人間”としての尊厳を嘲笑されたかのように、昭和40年(1965)、
突っ込んできた小型トラックに撥ねられ、山川は交通事故死したのでした……。
孤独は、あまりに人間的な最後の矜持でもありますが、
その負荷に耐え切れない人々にしてみれば、突然にもたらされる
孤独の“解除”は恩寵にも似るのではないか? と思わないでもなく。

参考文献:山川方夫『夏の葬列』(集英社文庫)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

tag : 小説

コメントの投稿

Secret

No title

「夏の葬列」って、国語の教科書に載っていたけれど、内容をぼんやりとしか覚えていないです。

Re: No title

> 「夏の葬列」って、国語の教科書に載っていたけれど、内容をぼんやりとしか覚えていないです。

ちょっとしたショート・ショートですね。
教科書には、(2段)サゲの前部分しか掲載されていなかった
みたいなことを聞いた覚えがあるけど……。
カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示