飛鳥大仏

飛鳥大仏_左 今回の奈良(飛鳥)参りのメインの目的は、
 「飛鳥寺」の“飛鳥大仏”を鑑賞すること。
 飛鳥の里には、他にも石舞台古墳など、
 見所は多々ありますが、今回は泣く泣く
 見送ることとなりました。前日に、近鉄駅の
 改札口で、懇切丁寧に観光案内してくれた
 駅員さんの勧めに従って、かめバス
 周遊券を近鉄・橿原神宮前駅の東口で
 買い求めました。4、5月は増発しているよう
 ですが、通常は1時間1本ペース。

飛鳥寺は、崇峻天皇元年(588)、蘇我馬子の発願。飛鳥大仏_右
推古天皇4年(596)に創建された日本最初の寺です。
中金堂にいらっしゃる飛鳥大仏(釈迦如来坐像)は、
推古天皇が詔した鞍作鳥止利仏師)が制作し、
日本最古の仏像ともいわれています。
『元興寺縁起』によると、609年の完成。
いくたびもの戦乱で焼け出され、後補も多く、
現存していること自体、奇跡なのかもしれません。
銅造で、像高は275.2cm。
正面から見て、明らかに傾いで見えることや、
左側/右側から見た時の表情が異なっていることなど、
オリジナルの制作意図がそうだったのか、どうか? 
想像力を刺激してやまない魅力的な仏像です。

穏やかに、簡潔な案内をしていただける住職さんもさることながら、
お寺では珍しく、仏像の写真撮影を許可してもらえるのも有り難いこと。
携帯電話でなく、ちゃんとしたカメラを持参すべきだったか?など、煩悩に駆られます。
現在の飛鳥大仏の脇侍(?)を務めるのは、阿弥陀如来像と聖徳太子孝養像でした。
お寺を西へ出て、田んぼの広がる鄙びた光景の中をしばし歩を進めると、
唐突に「蘇我入鹿首塚」に出喰わし、呆気に取られてしまいましたが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 仏像

コメントの投稿

Secret

カレンダー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Access Counter
   総閲覧者数:
Online Counter
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー
プロフィール

ぽか

Author:ぽか
通りすがりの夢想家。元(にして最後の)「トーヨー新報」編集人。現在は、一介の編集素浪人?



豆腐業界唯一の全国版専門紙
「トーヨー新報」は、昭和33年(1958)創刊。大豆加工品(豆腐・油揚げ、納豆、豆乳、湯葉、凍り豆腐、もやし等)、こんにゃく、総菜業界をメイン購読者層に、月3回の旬刊紙「トーヨー新報」や業界関連データブック『豆腐年鑑』を発行。平成25年(2013)12月21日号、第1851号をもって終刊に至る。

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メルマガ登録はこちらから
購読希望者はメール・アドレスを書き入れて「送信」してね!
Amazon
SOUKEN
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示